スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴレウィズの基本 その1

こんにちは、いろはです。

漸く私も火壁が塗り終わり、TH10へ着工しました。

TH9でゴレウィズを始めた人、これからTH9へなる人へ向けて、私が10カ月間TH9で学んだゴレウィズのことを全て伝えようと思います。



初めに、ゴレウィズはそれ単体で立派な戦術であると共に、盾と矛という攻めの基本でもあります。

そして、アレンジの幅が非常に広いです。gowipe、gowiwi、gowiva、ゴレホグ、裏バル、そしてハイブリッド。

まずは基本のゴレウィズで、同格☆2を100%成功できるようになる。

それが出来たら相手の陣、自分のやり方に合わせてアレンジをして☆3を狙う。段階を踏んで練習すると上手くなると思います。

それでは、思いつくままゴレウィズのテクニックを書いていこうと思います。どうぞ!

●援軍処理

まずは、あまりゴレウィズに関係ないことですが重要なテクニック。

今更かwと思うかもですが、援軍処理がちゃんとできている人は神童にほぼいないと思います。

ウィザードを一人も殺さず処理できますか?バルーン落下での処理を一発で決めれますか?

それが出来るようになって、初めて援軍処理が成功したと言えます。


大前提として、援軍が釣りやすく、処理をするスペースもある時は必ず援軍を釣りだしましょう。

釣りださず、中で処理するやり方も後で紹介しますが、難易度も高く事故の可能性も高いです。

必ず援軍処理の方法はマスターしましょう。攻めの成否の大きなウェイトを占めます。


【処理方法】
1.バルーン落下
2.ネクロを使った処理
3.ゴレでタゲを取りウィズで焼く処理
4.ヒーローで処理
5.ライトニング
おすすめは、2か3です!

1.バルーン落下

気を付けること
●相手援軍を一か所に集めるのは、ババよりアーチャーが効果的。
●相手援軍にウィザードが居る場合、援軍を集めた場所から1マス~2マス離してバルーンを出す。
●相手援軍がネクロ、アーチャーだけで火力が低い場合、3マスほど離してバルーンを出す。
●バルーンがどの防衛施設に向かうかを把握する。思わぬ方向に向かって失敗することが多い。
●四端の大工小屋など、施設周りはバルーンを配置できない。バルーンが出せる位置に援軍を誘導する。

【メリット】
本隊を出す面とは関係ない位置で援軍処理が出来る。
そのため、援軍処理までにかかる時間が短い。
【デメリット】
勿論、ガゴ、ドラ、バルーンは処理できない。
ウィザードLV6は一撃では死なない。


2.ネクロを使った処理

気を付けること
●相手援軍を引き付けすぎない。ネクロをタゲられたら終わる。
●ユニットを出す順番は、ババ3~4、ネクロ2~3、ウィズ2~3。
●スケルトン切れを防ぐ為、ウィズを出し終えた後もババをちょんちょんと出して壁を維持する。


【メリット】
成功すれば、ババ数体の消費だけで処理できる。
バルキリー以外のユニット全てに対応できる援軍処理。
【デメリット】
ネクロの枠が重い。
本隊を出す面から援軍処理をする必要がある(さすがに援軍処理後のネクロ、ウィズを放置して別の面から攻めるのは非効率)


3.ゴレでタゲを取りウィズで焼く
※動画見つかりません
●援軍を端のほうまで引き寄せ、ゴレでタゲを取りすぐさまウィザードで焼く処理。
気を付けること
●援軍を端まで引き寄せない=ゴーレムの進行方向にまだ援軍が居る状態=ゴーレムを迎え撃つ形になるとダメ
●相手援軍がゴーレムを追いかける形になると、攻撃がスカりやすく、ゴーレムの体力が残りやすい。
●迅速に。

【メリット】
処理後、すぐさまゴレウィズの形になるので処理スピードが速い。
処理のためのユニットが必要ない。
ほぼ全ての援軍を処理できる。
【デメリット】
当然、ゴレウィズをする面で処理しなければならない。
モタついてゴレが死ぬと悲惨。立て直しが効かない。


4.ヒーローで処理
●ラヴァバルで攻める時の処理方法です。ゴレウィズで攻める場合、ヒーローは攻撃の核となるので、この処理はやめましょう。

5.ライトニングで処理
●わざわざ釣りだしておいてライトニングは非効率。やめましょう。

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。