スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神童クラン戦を分析してみた その2

どうも、タトゥーです。
その1に引き続きクラン戦
今度は、神童のクラン戦を国別、戦別などから分析してみました。
数字のお遊び


初めに
現在、クラン神童では、週一回火曜日に開催されるメイン戦
そしてクランポイントを稼ぐ意味でサブ戦、そして技術向上を図る上で練習戦を開催しています。
 
メイン戦
神童発足時から開催されている週一回火曜日開催のメイン戦
クランポイント導入前から数えると14回開催されました。
その内訳として勝利9回、敗北5回の勝率64%
クランポイント導入時以降は、35人対戦以上はどうも分が悪いようで勝利2回、敗北4回の勝率33%に落ち込んでます。
一試合あたりの獲得クランポイントとしては平均170XPで6試合トータル1015XPです。
勝ててないからどうしても低めなのよねえ…
メイン戦のマッチングとしては
チャイナ7回、インドネシア3回、韓国2回、日本と英語圏が1回ずつ
検索時間からしてもチャイナ率高め
ただチャイナとは相性よく5勝2敗、逆に韓国とは相性悪く勝ち試合なし…

サブ戦
クランポイントを稼ぐ意味で行われてるサブ戦
こちらは現時点で4回開催されています。
内訳としては、勝利3回、引き分け1回の勝率は100%です
平均158XP獲得、4試合トータルで635XP獲得してます。

練習戦
技術向上がテーマの練習戦
こちらは2回開催されて0勝2敗
まあ技術向上がテーマですしね!
ポイントは260XP獲得で平均130XP

国別
神童クラン戦 20回開催 12勝7敗1分 勝率60%

対アジア 17回 9勝8敗 勝率53%
対英語圏 3回 3勝0敗 勝率100%

国別ではメイン戦、サブ戦のマッチング時間が22時22分、以前は23時と、どうしてもアジアと当たりやすい時間でマッチングを行っているため、その予測通りの結果となりました。



アジアの内訳勝率は以下の通りです。
チャイナ 8回 6勝2敗 勝率75%
韓国   2回 0勝2敗 勝率0%
日本   2回 1勝1分 勝率100%
インドネシア 4回 2勝2敗 勝率50%
ベトナム 1回 0勝1敗 勝率0%


チャイナ来ちゃいやなど言ってますが、案外チャイナこいや!なのかもしれません。一方韓国戦は、奮闘すれど力負けした印象のほうが強いです。
まだまだ個人的にもレベルアップして、どの国にもまんべんなく勝てるようにしていきたいと思います。

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。